« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

2008年1月26日 (土)

めっちゃ寒かったチリ戦  体が凍るぜ日本0-0チリ 国立

この激寒とどう戦うべきか。
われわれ日本代表サポーターは、チリと戦っているのではなく、この物凄い寒さと戦い続けた。
90分間。
風もあり凄まじい。
手袋をしてるのに手が寒い。靴を履いているのに足の裏が冷たい。
コートのフードも被って、がくがくぶるぶる。

新しいユニフォームも発売され、さっそく着てる人もちらほら。
ぶっちゃけ、なんも面白くなかったっす。
俺はもう日本代表になんの興味関心もないのかも。
加地出さねえで内田とは!
函南の内田君の出世は嬉しいが、代表屈指の人気を誇るキングカジを下げるのか。
まあポジション被りますが。
駒野だってチームじゃ右なんだし、どうせなら駒野さげて、左やらせろや。

平原綾香の君が代は上手かった。
あれだけ音程が安定してる歌手はいないもの。
チリの国家も最後のリフレインが面白かったな。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

大相撲を初めて観ました

雪の降る中、中央総武各駅停車で両国へ。
行くと決めたら行くのだ。
でもまさか雪が降ってるとは。
寒いぜ。
でも国技館の中はぽっかぽか。
力士が裸なぐらいだしね。

意外にも大相撲をこれまで一度も観たことなかったんです。
なんもすることないので、早い時間から大相撲を観に行きました。
つうても朝から行ったわけでもなくて、昼過ぎから。
もう自由席は売り切れてて、仕方なく指定席3600円を購入。

で、国技館に入ってみたら、なんと2Fの一番後ろのせきやがな。
なんか土俵が凄く遠いんですけど。
しかも隣もでかいおっさんで、席はきっつきつ。

客の中に占める外国人割合がとても多かった2F席。
白人達のグループが多い。
あちこちにいまくり。
そして日本人のグループかなあと思いきや、こりゃ韓国だなあとか。
やっぱ外国人観光客は相撲見るだね。

で、あんな高くて遠い場所から見ててもしょうがないので、1Fに移動。
升席の後ろの通路から立ち見してました。
午後4時から6時まで、二時間ぐらい立ち見してたな。
升席の人らは、しょっちゅうお茶屋さんが注文を窺いにくるので、そのたんびに注文して、みんなべろんべろんに酔っ払ってる。
ビールは瓶でした。

階段にいると警備員のおばちゃんがやってくるので、一番後ろで見てました。
そういう人らも多くて、つまみの焼き鳥を立ち食いしながらの、板についてる立ち見のおっちゃんもいた。
自由席なら2000円なので、俺は3600円も出してわざわざ立ち見なのですが、まあしゃあないです。
あんな2Fの高所から見ても、意味ないじゃん。

老婆が自分の席に戻れずに、係員と延々うろうろし続けてたな。
自分の席に戻れなくなるお年寄りが続出。
外国人たちに占領されていた2F席に比べ、1F席は高齢者の日本人が多し。
升席なだけに家族連れが多く、おだやかな雰囲気。
3時にカレンダーを配ってたからもらった。
早く来た人にはそれなりの特典があるのだな。

昼の二時前に着いて、国技館内の食堂で飯食った。
国技館のスタッフはハッピとか着てて、みんな馬鹿丁寧なのね。
でも、その食堂に入ると、店員が異常に粗雑。
この落差が面白かった。
カツ丼950円を食った。

一番盛り上がったのは、まだ4時台だった高見盛だね。
取り組み前にお茶漬けの宣伝も土俵をぐるぐる回り、ウケる。
体を叩いて塩をまいてウケる。
客ウケしまくり。
で、勝ったらよかった。長いとりくみだった。拍手喝采。

それについで盛り上がったのがトリ前の朝青龍。
でも朝青龍のとりくみ前は、野次みたいのが凄く多くて、みんなべろんべろんに酔っ払ってるから、ここぞとばかり親父たちが野次をぎゃあつかわあつか。
あれってあんまりテレビ中継だと反映されてないやね。
でまあ、無事朝青龍は勝って、そしたらトリがある前に帰る客続出。
やっぱ人気商売だやね。
雪の降る日に初相撲でした。

| | コメント (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »