« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »

2008年8月17日 - 2008年8月23日

2008年8月18日 (月)

何かが違うと考える 頭は真っ白に

応援は盛り上がって、一体感があって100点だったのだが、試合は……
アウェイ日産と同じように、セットプレーから中澤のヘディングでゴールを割られた。
アウェイでもホームでも同じ形で同じ選手に崩されるとはつらい。
審判に関しては、中澤の蹴ったバックパスを、GK榎本が手で受けたりと、いろいろあったが、それを打ち破る強さがほしかった。

岩下が乗りに乗っていて、一番輝いてるな。

涼しいせいもあって、応援は最後まで調子が下がらずに白熱した。
声の出も、後半のほうが音域が広がり、声量も上がるのが俺の定番。
前半に喉慣れしていない状態で、怒鳴ってしまいたいのを抑えて、丁寧に歌い続け、喉慣れした後半は、全開で声を出しまくる。
いろいろアクシデントはあったが、盛り上がりが耐えないのは幸いだった。

監督に関しては、俺はFWで原を最初から使ってほしい願いはあるものの、それ以外の面で、なんも不満はなかった。
いや、不満はありまくり、ただ手の打ちようがない。
テルをワンボランチに下げて、パウロをサイド起用して、枝トップ下で、岩下左サイドバックで、こうしたここ数試合のフォーメーションチェンジは、非常に納得できる。
あと何をすればいいかといっても、もうない。
これでやるしかない。

今のまま同じようにやっていたとして、FWに能力が高い外国人がいれば、全然違っていたのかな。
磐田、清水、横浜、このボトム手前チームは揃ってドロー。
あっという間に上がれるさと、勝ち点を見て思っても、結果この停滞ぶり。
泥沼から抜け出せない。
競りあがる千葉。

次の柏とは、互いにアウェイで勝つイメージがある。
太田はゴールを決めるだろうが、さらに得点をとって勝てばいい。
応援に関しては、今後はどうなるかな。
コミュニケーションなしであの場所だと、役に立ててないなと思えたし、下がりすぎても冷めるわ、ごたつくわ、メイン寄りにも行き過ぎず、バック寄りにも行き過ぎず、どっちつかずの中央でうろうろと。
結局、うろうろだな。

フェルに去ってもらったのに、淳吾が離脱する不運。
こんなはずじゃ、とフロントが悔やんでも、どうにもならず。
勝ち点3が遠い。
どうしたら手が届くだろうか。
這い上がれない。

帰りのシャトルバスは運営がぐだぐだで、あれは揉める一歩手前。
清水駅行きは三列に分かれて並ぶのだが、なぜか一番内側の列にしか人が並んでいない。
前代未聞。
いかにこの日、初めて日本平に来た人が多いかわかる。

不慣れなマリノスサポだけでなく、一般の清水客も、状況をまるで理解していない。
弁当持ってキックオフ前にうろついてる人達も多かったし、相当招待があったようだ。
静鉄の人も、いつもいる運営のおっちゃん達がいなかったし、お盆休みで、乗り場の運営も不慣れな人達だったのかも。

そしてバスが出発しても、なぜか山道ですら、一般車が数珠繋ぎで渋滞。
交通規制かかってない。
いつもなら山道を抜け出て、公園入口を越えたあたりから、民間駐車場の車達が入ってきて混む。
山道から一般車渋滞では、バスは到底進めず。

たぶんお盆休みの影響なんだろうな。
まあ、こんなことはさすがにもうないと思いますが、ちとマリノスサポーターには申し訳ない状況でした。
一番内側の列だけに並んでもらって、外側と真ん中の列が消え、ようやく運営の若い女の子が、こちらも空いてますよと内側列を誘導し始めたのだが、時すでに遅し。
一瞬即発で喧嘩になりそうで怖かったが、なる前に俺を乗せたバスは出発。
後のことは、知りません。

清水駅に着いても、下り電車が全然なくて、久しぶりにココ壱番入ったわ。
沼津の自宅に着いたら、日付変わってましたし。
やっぱお盆休みで、運営がちとぐだついちゃったかも。
静鉄も、バス運転手の確保がとても大変だったろうし、あの方式じゃ赤字は目に見えているし、なんとも。

今年になってから飛躍的にバス運送が改善されたので、今回のぐだぐだぶりは、まあご愛嬌ということで。
夏場になってナイトゲームが増えたが、沼津駅付近でうろついてるアウェイサポを毎回ちらほら見かける。
日帰りをあきらめて、沼津から始発で朝帰りするのだろう。

昔はなかった。
たぶん東横インができたから。
二つもあるもんな。駅北に。
地方ですので、駅前になんもなくて、国道沿いに行ってもらわにゃレストランもショッピングセンターもないのですが、歩いて国道行くのはつらいし、なんもない沼津の夜を味わってください。
せめて南口なら、夜な夜なの店が軒を連ねているのですが、北側はなんもないからね。

| | コメント (0)

« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »