« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008年7月20日 - 2008年7月26日

2008年7月25日 (金)

清水エスパルス 3-0 アルビレックス新潟  日本平大噴火

シャトルバス乗り場には、一便に乗れるように、かなり余裕持って到着するようにしてるのです。
ですが、この日はまだ一便の発車時間でもないのに長蛇の列。
ほとんどが新潟サポーター。
アウェイ動員が非常に多い日だったのが窺える。

前座のちびっ子サッカーでは、パルちゃんがアルビ君のぬいぐるみを抱えていた。
この前座サッカー、審判が60歳は確実に超えているだろう爺さんだった。
あの爺さん審判と、子供達とのコントラスト。

前座ゲームのあとは、壮行会。
下部組織が大会に出るようです。

スーパーオレンジボーイズの弾幕が垂らされる。
去年のユースは二部リーグ落ちで、トップ昇格ゼロという、破滅的なものだった。
今年は一部に返り咲いたようですし、まあ上々でいこう。

スタジアム外ではウイイレコーナーがあった。
本日はウイイレの大会があるのです。

スタジアムのアストロビジョンに映し出されたウイイレ。
この大画面を使ってゲームをするのです。
俺が子供の頃、ファミコンが全盛期で、漫画などでは、巨大画面を使ったファミコン対決が描かれていた。
ファミコンロッキーとか好きでした。

清水サポと新潟サポの対決。
ゲームでは3-1で清水が勝ち、そんなに実際の試合はうまくいくかいなと、みな笑っていたが、実際は3-0で清水の勝利となった。
現実はゲームを超える。

でかい画面で素晴らしいやね。
俺が小学生のとき、つくば万博があった。
コスモ星丸君がイメージキャラで、今では当たり前の巨大テレビが広場に建ち、すげえなあと思ったもんだ。
漫画でいくら巨大画面対決していても、そんなの夢だったもの。
家庭用テレビも20型が限度。
40型とかなると、スクリーンに投影して薄かったり、あんまり良いものはなかった。
値段は異常な高さだったし。

巨大画面でテレビゲーム対決は、俺が33歳になった今、現実となりました。
ファミコンロッキー読んでた頃は夢やったもんなあ。
ハドソンのスターウォーズ、三分間で32万点出してたもの。
静岡の大会にも参加したけど、レベル高くて決勝には残れんかったなあ。
高橋名人も来てたわ。
まあ、実際ゲームしてる二人は、この画面でやってるわけですが。

パルちゃんショーは羞恥心。
新潟サポからは好評でした。
いまだに本物を見たことないので、俺にとっての羞恥心はパルちゃんたちです。

北京オリンピック壮行会。
岡崎選手は絶対に点を獲るんだと宣言。

今夜はスタメンだった海人。
この北京オリンピック選出のタイミングで、西部の負傷とは、縁があるものだ。
安定していて良かった。

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

市川の猛ダッシュ&クロスにゾクゾクでした

懐かしのトルシエジャパンのときによく見た光景やった。
日韓ワールドカップのときも、長居陸上競技場で、チュニジア相手に、今日と同じ右サイドからのクロスが出たのだった。
長居では中田英寿がヘディングで合わせてゴール。
今夜は西澤明訓がヘディングで合わせてゴールでした。

メインスタンドのアウェイ寄り最前列で今日は観戦していたので、目の前を市川が猛ダッシュで駆け抜けていって、ああ、ボールに間に合うかどうかと、はらはらどきどき。
そして勢いあるボールをとめず、そのまま蹴ってクロスを上げた。
西澤がゴールを決めた瞬間よりも、あの市川の右サイドを駆け上がる姿、トラップなしでいきなりクロスを上げてしまう速さが、頭にくっきり残っている。
ゴール後には珍しく、隣の人らと会話を交わしたりした。
メインスタンドなりの流儀。
周りは新潟サポばかりで、極まった空気でしたが。
走って走って追いつけるかどうか、追いつくかと思った瞬間にはもうクロスを上げる。
あの早業。
いちいちとめたりしない。
素晴らしかった。感動と興奮。

二点目はゴール付近でとてもごじゃごじゃしていて、あの濃い密度の中、和道の蹴ったボールはよくゴールネットに突き刺さったものだ。
理屈じゃない強さ。
そこに和道がいたし、蹴ったらあれだけ敵味方と人口密度が高い中で、ボールはすり抜けてゴールネットに届いてしまうのだった。
三点目は反対側のホーム寄りゴールだったので、あまりよくわからなかったけど、湧く清水ゴール裏の姿が押し寄せてきて、何が起こったのかは明白だった。

メインスタンドのアウェイ側Aゾーン、指定席のすぐ隣、最前列、というのが体を壊したときの定ポジションになってきてるかも。
ゴール裏からだと、どうしても縦方向に短く見えてしまい、選手が猛スピードで走り続ける素晴らしさが感じ難い。
たまにメインで横から見ると、みんな走ってるなあと関心させられるし、しょっぱなの市川の猛ダッシュには感動。
長身市川が目の前を走りぬける光景が頭から消えない。
勝ち点3をとったものの、以前として15位ですが、大宮に勝って上昇しましょう。
俺も大宮戦までになんとか体調を治して、気管支炎を沈め、NACK5のゴール裏に顔を並べたいです。

| | コメント (0)

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »