« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日

2008年4月12日 (土)

選手バス囲み四時間

Sp1240299

俺の携帯は電話機能しか契約してなくて、それでいてスタジアムじゃ誰とも話さないし、まったく順位を知らなかったのだけど、帰ってきてパソコンつけたら、
16位
でして、凹んだ。
でもね、これから応援していけるなと自信が芽生えました。
バスの取り囲み自体、非道な手段でしたが、ここで互いに直接確かめないと、これから長いシーズンを共に戦っていけないから。
長谷川監督や選手からしたら、今夜バスの取り囲みを行った人間達は、こん畜生ってなもんかもしれない。
それであっても、俺はとても満足できるものがあって、本当に居残ってよかったと思ったし、またタスキに戻りたいと決心した。
まあ人間関係がうまくいかなくても、場違いな空気があっても、なんであっても、俺は勝手にタスキに乗り込みます。
残っていた人間達の大半が声を出して必死に応援しているという自負があったろう。
だから非道な手段とわかっていながらもできた。
突発的な行動をとっている人間が僅かであっても、重く押し黙って監督を待つ全員が、同じ思いだったはず。
こういうことをしてしまい、俺はもう三保には行けないなと感じたし、監督や選手から見て俺はこん畜生ってなもんかもしれない。
ただ、必死に応援していける自信が芽生えた。

選手達が試合で聴く応援を、取り囲みなどしない善良なサポーターのものだと思えばいい。
実際は、取り囲みの人間達ぐらいしか真っ当に声は出してないのだけど。
そのすれ違いでいいと思う。
すべてうまくいったり、まとまることは世の中ないから。
取り囲みの連中を、あいつらなんかサポーターじゃないと内輪で言おうとも自由。
その他の善良なサポーターのために精一杯、次の試合頑張ろうと思ってくれれば。
そして実際、その試合で選手達が必死に走る中、それを後押しする声を送っているのは、取り囲みの連中なのだが、
選手達はそれを取り囲みなどしない善良なサポーターの声だと思ってくれればいい。
そんなすれ違いでいいと思う。
俺はあの場にいた末端でしかないのだけど、罪悪感はとてもあるし、もう三保には行けないなと感じている。
だが代わりにタスキへ行って、選手を必死に応援したい。

このチームは強くない。
対戦した名古屋はまるで去年、一昨年の清水のようで、名古屋だっていつまで強くあり続けるかわからない。
清水は現在降格順位にあるし、これから急激な上昇は望めない。
だけど、そんな清水を応援していける自信が芽生えた。
それはもう理屈じゃない。
態度なんだ。
長谷川監督の言葉じゃない。
態度だ。
フロントの態度だし、サポーターの態度。
言葉なんて俺はフィクションの中のいんちきとしか思ってなくて、態度がすべてだと思ってるから。

迷惑顔されようが、なんだろうがタスキへ行って、すべてはそこから。
勝つってことじゃなく、一緒に戦うんだとようやく考えられた。
とても単純で簡単なこと。
言葉なんて嫌なんだよ。俺は言葉は全部嘘だと思っている。
発車するバス、俺達を見る選手達の目は虚しかった。
もっと書きたいことはあるけど、とりあえず今はこれだけ。

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

やはり負けた  清水エスパルス 0-2 ガンバ大阪  万博

シーズン前からおかしかったもんな。
練習後にファンサービスもせずに、全員一斉にダッシュでクラブハウスへ引き上げたりしてさ。
別に強けりゃそれでもいいんですよ。
試合に勝つことがファンサービスですってことで、なんも悪くない。
ただ、そんなうわついた態度でシーズン前からやってきて、それで負けっぱなしじゃ誰も納得しないよ。

でもいいんです。
別に強ければ。
今年からサポーターに対する態度が変わったなあと、よし、チームが強くなってきたし、これでいいんだと俺は思ってた。
それでこの結果はきつい。
俺はむしろもう、ファンサービスなんてやめていいと思うよ。試合に勝てるなら。
浦和レッズなんか、なんもやらないわけだしさ。

清水も変わらないと。
このまま今シーズンぐだぐだいくのかな。

ダイヤについて言う人が多いけど、あんまりダイヤじゃないと思うし。
去年は確かにダイヤだった。
テルがワンボランチで、藤本と兵働がサイドに広がって、フェルがトップ下でさ。
藤本と兵働が八の字を描いて、始終ポジションチェンジを繰り返し、インサイドにアウトサイドに広がり近寄る様は美しかった。
でも今年の試合内容を見る限り、そんなにダイヤになってない。
基本的に本田とテルのダブルボランチとなっている。
左に藤本がいて、トップ下にフェル、ここまでは同じだが、右はサイドバックの辻尾が上がるまで、空白の地となっている。
もしくはトップの矢島が下がってくるか。
矢島が下がるか、辻尾が上がるかしないと、中盤の右サイドに人がいない状態が多い。
それが今年の陣形だと思う。
だからダイヤと言う人が多いのには、俺は非常に疑問。
ダイヤになってないから。

俺の希望としては、去年のようなしっかりしたダイヤを作ってほしいね。
テルのワンボランチで、右サイドに枝村を置くなりして、去年見せてくれたダイヤの陣形で戦ってほしい。
今はダイヤになってないから。
もしくはボックスでもいいし、3バックになってもいいし、とにかく陣形を固めて。
非常に不完全な陣形のまま連戦してる。
これだと厳しい。
ガンバ戦でも辻尾がやたら上がりまくっているけど、それは右サイドが空白だから。
もともといたサイドのMFを追い越して上がるとか、そういう光景がない。
もともと誰もいないところに純然と上がってポジションを埋めている。
不安定だから、どうにかしっかりダイヤを作ってほしい。

| | コメント (0)

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »