« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2007年12月30日 - 2008年1月5日

2008年1月 4日 (金)

東福岡 3-1 佐賀北  市原臨海

3-0の状態が続いたので、ああこりゃもう決まりだなと帰るお客さんが多かった。
でも佐賀北はなんとか一点入れて、そして東福岡の10番の選手にレッドカードを見舞って、次の試合へ重石を置いた。
まあでも、自分らを倒した相手が優勝してくれたほうがいいか。
あのレッドカードはなんとも残念だったね。
メインスタンドで見てる人らも、10番だからたぶん中心選手なのだろうと心配。

あと一試合目の流通経済大柏だけど、清水に加入する大前選手が出ていたんですかね。
俺は全然気づかなかったけど。

臨海へ行くシャトルバス、バスの両替機に釣り銭が全然入っていなかったようで、運転手が困ってた。
俺はちょうど200円持ってたから良かったけど、千円札を崩せない人がたくさん出てしまった。
しょうがないから、運転手が運賃箱を塞ぎ、じかに料金を受け取って、それをお釣りに回してた。
こういうことがあるのも新年ならではか。
つうか、この心配があるから、バスの両替じゃなくて、事前に切符を売るのだな、日本平の試合でも。
俺は今年のぶんはシャトルバスの年間パスを買いました。

帰りのシャトルバスは終バスになったせいか、なかなか出なくて弱った。
結構立ち乗りが多いのにさ、他のバスは回送しちゃって、いけず。
終バスぐらい、全員座らせてあげましょうよ。
待機バスが余ってるなら。

試合を見ていた印象としては、東福岡の選手はみなトラップがうまかったな。
前に転がさない。
足元でぴたっと受け取る。
たぶんそればっかり練習してたんだろう。
そういうのって凄く大事だと思う。

Jリーグと違って一向にためができない試合展開。
ボールがあっちいって、こっちいって、選手もボールも移動しまくり。
陸スタで眺めるに楽しい。
でも専スタだと、ちょこまかしすぎて、楽しくないのかも。
Jリーグの試合だと、ためがあるから、見せ場も生まれる。
ゴール前以外でもね。

高校サッカーは全席自由なので、臨海はメイン、バック、ゴール裏がすべて分離しているのだけど、一応、通路もあり、何周かぐるぐる回っていた。
ジェフが使っていたときの仮設ゴール裏は撤去されて、芝生になった。
日立台の鉄板ゴール裏がでかくなった感じだったな。
あの上で飛び跳ねて大丈夫か不安になるというシロモノだった。
なくなってみると懐かしい。

メインスタンドは中央の最前部だけ列と列の間をかなり空けて、段差を設けているのだけど、そこの席にしても、もともと高度がなさすぎて、ピッチが遠すぎるせいもあって、観づらい。
それ以外のメインスタンド9割がたの席は、とにかく前列との高低差が少なく、ピッチは遠く、満員状態だと厳しい。
二試合目の東福岡と佐賀北の試合は、空いてたんで、眺めは良かったけどね。
臨海が使われなくなったことで、西京極がJリーグ、今年からはJ1でダントツの見づらさとなった。
最前列の人だけじゃなく、最後列の隅っこに座る人でも満足できるスタジアムを。

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

流通経済大柏 2-0 北越  市原臨海

今日は千葉県市原市の臨海に行ってきましたよ。
むかしジェフ市原というチームがあったなあ。
街並みがいまだに電信柱にジェフカラー。これが痛々しい。
いくらジェフユナイテッド市原・千葉といったって、ジェフ千葉だもの。
千葉市だよ、蘇我駅前だよ。
もうこの市原市には、五井駅では、Jリーグの試合が行われませんがな。
なのに、いまだに駅舎も街並みもジェフカラー。これ結構痛いっす。

臨海へ前に来たのは、天皇杯の試合だった。
ジェフ市原と、当時まだJ2だった甲府の戦い。
延長戦でジェフがなんとか勝ったのでした。
あれから甲府が2年間J1にいて、またJ2に降格になって、時の流れを感じます。

さて、今日は高校サッカー。
一試合目は流通経済大柏と北越の試合。
千葉県代表の試合を千葉県でやるので、ホームアドバンテージがあるかといえば、あんまりどうだろ。
声出ししてる、ベンチ入りできなかった部員達の数は双方同じぐらいだし。
応援は互角だった。
高校サッカーはバックスタンド応援が規定のようです。
テレビカメラ的にもバックスタンドにいてくれたほうが盛り上がりが映せるしね。

こないだの駒沢の試合もそうだったのだけど、一試合目はカメラ撮影に熱心であんま試合見てないんだわ。
二試合目はこの日もしっかり見てたのだけど、腰を落ち着けて。
駒沢と違って、傾斜もゆるくて見づらさはどうしてもある。
特に一試合目は地元千葉の高校なので観客も多く、俺はメインスタンド中央から見てたのだけど、前の列の人らが邪魔で、手前の陸上トラックが見えない感じ。
西京極と同じで、なんちゃってサッカースタジアム状態だわ(苦笑)。
または埼玉スタジアムと同じ視界とも言う。
二試合目は客が少なくなって、どの客も前に人がいない場所を選んで座っていたので、目の前が開けた感はあったよ。

でも臨海はメインスタンドじゃなく、やっぱこのバックスタンドだよな。
通称、神殿。
バックスタンドの真上に2F席を増築するのは、他所のスタジアムでも見かけること。
じゃあなぜ神殿と呼ばれるのか。

それは本来タブーであるはずの、手前への柱打ちをしているから。
視界を遮らないようにするために、スタジアムは絶対に客席前には柱を造らないのに。
だから屋根があるところは、背後から吊ったりしてさ、非常に苦労してるというのに。
市原市はそんなことお構いなしに、20億円かけてこの2F席を増築し、Jリーグの規格を満たしたそうな。

こんな立派な神殿ができたのに、フクアリを造った千葉市にジェフを持っていかれた。
可哀想で御馬鹿な市原市。
設計したやつ出てこいや!

神殿1Fからの視界。
ありえねえ。
なにこれ。
これはいかんだろ……。
各高校の応援は神殿の1Fを使ってました。
20億円かけてこれを造ろうっていうのがね、非常に意味不明。
謎ですよ。神殿ですよ。陸上競技にしろサッカーにしろ、いったい何が見えるってんです?

ジェフの臨海時代末期は、陸上トラックの半ばに敷居を造って、そこから立ち見観戦ができたのです。
あれはそれほど悪くなかったな。
もちろん傾斜も何もないですから、一列目の人らだけが見えて、二列目以降は存在しないのですが。
観客2000人とかの時代だから、あれでOKだったのよ。
  
なんか臨海とジェフの話ばかりになってしまったな。
流通経済大柏はラグビーも勝ち進んでますな。
私学は潰れる時代だから、スポーツで個性を出すのはいいのでは。
次の対戦は2試合目の勝者、東福岡です。
どっちも頑張れ!
  

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

第86回 全国高校サッカー選手権大会  駒沢

駒沢に行ってきました。
全然知らなかったのですが、今日駒沢で試合をやったのは、奥田民生の出身校として有名な広島皆実でした。
広島皆実は緑と黒の縦じま模様ユニフォーム。
あれ?
このユニフォームの軍団が元日の国立、広島ゴール裏にも来てたような。
じゃあサンフレッチェを本当に応援してたんだね。
サンフレッチェは敗れてしまったけど、広島皆実は見事に帝京を撃破。
 
先日、西が丘で女子サッカーを見たときは、とても寂しい会場の雰囲気だったので、高校サッカーはもっとテンション低いかなあと思ってたら、まったく逆。
ブラスバンドの演奏がやたら賑やか。
そこにチアリーディングが華をそえて踊りまくり。
そしてベンチ入りできなかったのであろう、部員達が声の限りをつくして応援ソングを歌ってました。
すっごく賑やか。
ゴール裏は使わずにバックスタンドに両校の応援が固まっ ていたので、サポーター同士が近すぎて、Jリーグじゃ危険だわ。

 
それにしても、中澤が高校サッカーのポスターに出ていたのは知っていたけど、まさかチケットまで中澤とは……

負けたチームの選手達のうな垂れよう、泣きっぷりが激しいわ。
こりゃもしかして噂に聞く青春ってやつですか。
すごいもんです。
負けた帝京高校は応援で圧勝してたからね。
東京のチームは全試合ホームみたいなもんだ。
明日の藤枝東は三ツ沢で日大藤沢とだから、アウェイゲームみたいなもんだね。

そして二試合目は、作陽が青森山田に勝ったのだけど、なんと青森山田の選手がPK献上して負けた。
こりゃ一生トラウマになりまっせ。
PK与えた選手は。
青森山田のうな垂れようは激しく、あの涙はもう、おりゃ弱っちますよう。

広島皆実2-0帝京  駒沢

行きは電車で行きましたよ。
新宿から山の手線で渋谷へ。
渋谷からは田園都市線で駒沢へ。

山の手線に乗ってるうちは、東京ライフだなあと快適な気持ちでいられた。
でも田園都市線の車内に乗ったら、ああこれは懐かしのくたくた通勤満員電車との思いが強くなり、東京暮らしの惨めな部分が漂ってきた。

駒澤大学駅で地上に出ると、玉川通りの上に首都高が走る。
石原都知事が一時間にこんなに空気が汚れるんですよと、ペットボトルの煤を見せた、あの玉川通り。
空気の汚さの極地じゃ。
駅からは自由通りの一本道を歩いていくだけだった。

住宅地だけど、この辺りは地価が異常に高い。
だって新宿駅前に住むほうが安いんだもの。
この渋谷駅から三駅目の住宅地で部屋借りるよりも。
品川ナンバーの町は高級すぎまっせ。

駒沢のオリンピック公園はちょっとした思い出の場所。
池尻大橋に住む知り合いがいて、いろいろあったりしたのです。

公園に着くと、バックスタンド入口。
そこから入っちゃうと、あの有名な外観が取れないので、ぐるりと外回りを一周して、裏のメインスタンドに行きました。
スタジアムの雰囲気は帝京の応援合戦が圧勝してるのに、試合は広島皆実ががっつり勝ってるのが、ちぐはぐ。

広島皆実と帝京の試合は、ぐるぐるとスタジアムの最後尾列を歩き回っていたので、そんなに集中してみてませんでした。
メインスタンド中央の最後列でじっくり腰を落ち着けて観戦したのは、この試合。
作陽がゴールしたあと、すぐさま青森山田が取り返すのはJリーグでもおなじみの光景だった。

ただなあ、PK献上はつらい。
高校サッカーでPK献上して、トーナメント終わっちゃうのは一生のトラウマかしら。
そりゃ試合終わったあと、うなだれて身動きとれなくなってしまい、一向に整列できないのもわかりまっせ。
客質がめちゃくちゃレベル高かった、駒沢。
サッカーの試合に来てるガキって、試合観ずにプロレスごっこに熱中したり、ぎゃあつか関係ない話で喚いてたり、そんなんばっかでしょう。
それは残念なことに日本平でも同じ。
俺は仕方ないものと思ってた。

でも駒沢は違ったね。

俺の近くにもガキが結構いたのだけど、そいつら黙々と集中してサッカーを観戦してんの。
後で気づいたけど、周りに点々と存在するガキどもら、紐がサイドについたサッカーシューズをはいてたりして。
オヤジと来てるガキが多かったけど、話す内容も試合についての正確な解説ばかり。
あのサイドのプレイヤーがさっきからどうだとか、非常に中味の濃いことを、小さな声で呟きあう感じ。
いやあ、あれには恐れ入りました。
客のレベルがめちゃくちゃ高いやないですか。
客の中には清水のゴール裏でいつも最前列ど真ん中にいる髭のおじさんもいましたね。
珍しくサングラスをずらしていたので、ああこういう目をしているのかとわかったりもしました。

駒沢は全席自由でした。2万3千席あるので、基本的にがらがら。
メインスタンドのベンチシートも一人二席状態だったので、楽。
俺は見たい選手もなかったので、メインスタンド中央の最後列で観戦。
面白かったですよ。
なぜって、高校サッカーは攻めたり守ったりの緩急が激しくて、あっちこっちに選手もボールも行きまくり。
全然落ち着かないんだ。

後で気づいたけど、これってスコットランドリーグの放り込みサッカーにそっくりだ。
中村俊輔のセルティックの試合でも、ボールと選手が激しく動きまくり。
高校サッカーはJリーグと違って、一向にためができない。
つねに流動的。
これって見てて飽きなくていいですよ。

駒沢は客席に傾斜もあって、8レーンのトラックと客席もそんなに離れてなくて、オーソドックスではあるものの、どの席からでも見やすいスタジアム。
純粋にこの二試合目の観戦をしていて楽しかったなあ。
やってる選手もバックスタンドで応援してるやつらも、真剣だからいいじゃない。

帰りはバスで渋谷駅へ。
駒沢には二つバス停があって、メインスタンドから外に出ると、最初のバス停、バックスタンドから外に出ると二つ目のバス停なんだな。
で、俺が最初のバス停で乗ったときは、バスはがらがらでみんな座れた。
ところが二つ目のバス停で、鮨詰め状態に。
最初のバス停で乗っておいて本当良かったわ。
バスは延々と首都高の高架下、玉川通りを進んだ。
俺はちょっとした観光気分。

東京に住んでたときは、暇なとき、いつもバスを使っていた。
電車で移動しちゃうと、ワープしてる感じで、町と町との接点が見えてこず、東京の町全体の印象がわからないんだよね。
ところが無駄にバスを使って、烏山から荻窪までとか、渋谷から中野までとか、めちゃくちゃ渋滞しちゃって、電車で20分の距離が2時間もかかったりするのだけど、観光としては、非常にナイス。
ああ、町はこうなっていたのかと確認できる。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

マルキーニョスが魅せた! 鹿島アントラーズに天皇杯授与

徹夜でだらだらテレビを見ていて、そろそろ出かける時間になって、眠くなってくるという。
その眠気を振り払い、大江戸線で国立競技場へ。
国立競技場の門の前には、しゅうちゃんが立ってました。
なんで来たのかと聞かれたので、暇だからと答えておいたら、そうじゃなくて交通手段を聞いているとのことでした。
他にも清水サポをちらほら見かけたけど、まあ野暮はなしで。
 
なでしこの試合は、試合開始してから若干時間が経ってましたが、まあ前半のうちに着いたから良しとしよう。
特に選手個人個人に興味はないので、ホームゴール裏の一番バックスタンド寄りの最上段の旗台の上に立って、眺めてました。
あの高所からの眺めのよさってのは国立だけだな。
埼玉なんか全然つまんねえし。
日産じゃ遠すぎる。
国立の最上段通路の旗台に乗っかって立ってるのは良いもんですよ。
寒かったけど。
風が強い。
前評判通りの日テレ勝利。
表彰式のときに荒川選手が柵に乗って目立ったのも予定調和。
 
そして天皇杯。
朝早くから来ただけあって、無駄に最前列で観ました。
一番バックスタンド寄り。
今度は選手の顔やプレイをしっかり見たいので。
国立のコーナー付近は、カーブの8レーンのふくらみだけなので、結構近い。
広島のゴール裏なので、寿人や槇野、駒野のプレイに盛り上がってました。
駒野が一番印象的かな。
右サイドなので、ちょうど間近に攻めてきてくれるので。
まあ、この試合のあとは神戸でも行っておくんなまし。
 
試合開始早々、函南サッカー少年団出身の内田選手がサイドからゴール!!!
反町JAPANも4バックにしろや、内田と安田でばっちりやないかとアピール絶大。
センターには青山と水本が残って、イノハがボランチ上がるでばっちりじゃん。
俺も函南のキミサワや戸田書店にはガキの頃よく行ってたので、内田選手の大活躍は嬉しかったのですが、なにしろ広島ゴール裏にいるので喜ぶわけにもいかず。
タスキエリアからはだいぶ離れたところなんだけど、座り観戦の広島サポが結構いたもので。周りに。
 
そういや広島のタスキエリアに緑色のジャージ軍団がいたりしたな。
チームカラーの紫と違いすぎ。
高校選手権やってるから、どっかの高校が招待でもされたんでしょうか。
メインスタンドよりにも、よりによりって鹿島と同じ赤色のジャージを着た軍団が。
どっちでもいいなら、鹿島のほうで見ればいいのに。
ああでも、たぶん、広島側のチケがはけてなくて、招待されたんかもね。
死にチケの相殺分とか、結構計算してチケットは売るものだから、自由席は。
 
後半になると、赤ん坊をつれた夫婦が隣に来ました。
俺の周りは最前列でコーナー付近にも関わらず、空いてたんですよ。
結局、たくさん場所取りしてる人が、試合開始間際になって、使わない場所に置いてあった荷物を一気に撤去するものだから、試合が始まってみると、がらがらという。
後ろが大混雑してるのにね。
で、警備員が気を利かせて、ベビーカー持った若夫婦を連れてきたようなのです。
まあ、いいんでないかい。
 
あと前半から近くにいた子供は、広島の旗を持っていたので熱心に応援するかと思いきや、エンドレスで、ピッチに背を向け、旗を分解して組み立ててを繰り返していた。
これは俺も気持ちがすごくわかるね。
分解して組み立ててを、男の子って繰り返してしまうものなんです。
楽しいよね。
旗の構造をしっかり理解。
オヤジさんはサッカー選手にしたくて、ガキを天皇杯に連れてきたのかもしれないけど、あのガキは良いエンジニアになりますよ。
絶対理系。
せっかく最前列だから、前の人も邪魔にならず、見えるのにね。
でもガキにとっては旗の分解と組み立ての繰り返しが一番楽しいのだ。
それでいいんだよ。
 
後半終了間際、ダニーロのダメ押しゴール。
するとまだ試合終了してないのに、鹿島のゴール裏からは紙テープが舞う。
まあ気持ちはわかる。
そして試合終了。
10冠から11冠へは、あっという間でしたね、鹿島。
それにしても、リーグ戦で序盤あれほど勝てなかったオリヴェイラ監督を辞めさせなかった鹿島のフロントは偉い。
これはサポーターも頭が下がるでしょうに。
よくぞ続投させた。
そしてリーグ優勝、天皇杯優勝ですよ。
鹿島アントラーズってクラブはさすがだなあって痛感。
客入りもたいしたことない田舎のクラブなのに、なぜかユニフォームスポンサーだけで年間10億維持してるし。
すげえや。
 
ホームゴール裏側は女子のタサキも男子の広島も両方負けでした。
西日が強かったけど、帽子被らないでよく見てられるなあ、周りの人ら。
手でひさしを作ったりしてるけど。
最初から帽子被るのが一番ですよ。
 
帰りは歩いてホテルまで帰ってきた。
そしてゼロックスでまた同じカード。
これは最初から決まっていたのだ。
広島もJ2落ちのモチベーションでゼロックスとは狂ってしまいそうだなあ。
ゼロックススーパーカップをとって、そんでリーグ戦の初戦がFC岐阜とかなったら、違和感ありまくり。
寒い日でした。

| | コメント (0)

2007年12月31日 (月)

C73  コミックマーケットに行ってきたぞ ★ダンパ★

Sp1160418

なんだかんだで行きました。
東京ビッグサイトは近いのに電車賃高いわ。
大崎から展示場までのりんかい戦が320円もするんだもの。
JR運賃とあわせて往復1000円やなあ。

Sp1160518

二日目のコミケは雨にやられました。
天気予報は快晴だったのに。
昨日はさあ、雨予報なのに雨降らず。
んで、今日は快晴予報で雨降りまくり。
お天気雨状態から、雲ってマジ雨に。
相当強い降りになった。

雨が強いときは、企業ブースを冷やかしたり、マックで飯食ったりした。
でまた屋上行ったりして、16時の終了時刻まで一応いました。

Sp1160585

となコスのDJイベントは格好良かった。
ぱらぱらは俺も踊りたかったけど、コスプレしてないし、遠慮しちゃった。
今度は踊りたいかもよ。

Sp1160539

三日間の感想としては、めっちゃ楽しかった。
本当にエキサイティングでした。

Sp1160702

| | コメント (0)

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »