« 森岡隆三 引退 | トップページ | ベガルタ仙台が入替戦へ  3位を勝利で死守 »

2008年12月 6日 (土)

京都サンガ VS 清水エスパルス  西京極陸上競技場

試合当日になった。火の鳥がお出迎え。

西京極陸上競技場といえば、駅から近いのがいいですね。

梅田から阪急に乗って、京都の田舎を進んでいくと、到着です。

そういや、京都方面から行ったことがないな。

いつも梅田からだ。

西京極スタジアムの特徴といえば、どこまで後ろに行っても高くならない、スーパーゆるゆる傾斜でしょう!

嵩上げなし&スーパーゆるゆる傾斜の本場、西京極。

是非、これを味わってほしいので、唯一嵩上げと傾斜がある、メインスタンドなんかじゃ見ないでくださいね。

最前列の通路に立ち見が並び、後ろの客達が見えねえぞと罵声を送る光景に、胸が和みます。

アウェイゴール裏とバックスタンドの客が、同じコンコースを使うのも西京極の特徴。

双方の客席スタンドの間に売店が並びます。

京都サンガサポと清水サポの自然なふれあいが生まれ、試合前はとってもハッピー。

お好み焼きは時間がかかるので、すぐに順番が回ってくるフランクフルトがお勧め。

ですが、アウェイサポーターは、普段では体験できない嵩上げなし&スーパーゆるゆる傾斜で、おなかいっぱい。

だだっ広い陸上競技場の恩恵。

アウェイゴール裏とメインスタンドの間にあるのがでかい椅子。

京セラと任天堂の社長が椅子とりゲームをキックオフ前に行い、勝ったほうがこの椅子に座って90分間観戦します。

負けたほうは、メインスタンド内のVIPへ。

このでかい椅子を置くために、ゴール裏客席が狭くなっており、そちらをアウェイサポーターにあてがいます。

ホームとアウェイの配置が逆なので、アウェイサポーターはホーム気分で試合に臨める。

2006年、雨の西京極。

PKセーブのあと入れられてしまう不運。久保山のゴール。

年間四勝しかできなかった京都に、そのうちの一勝をプレゼントしたのだった。

あのあとの博多球は素晴らしかった。

マルキーニョスのゴールで圧勝。

ムーンライト九州だけは、もう乗りたくないと思ったが。

ながらみたいな電車は楽ですが、ディーゼル車の牽引車両はしんどいです。

|

« 森岡隆三 引退 | トップページ | ベガルタ仙台が入替戦へ  3位を勝利で死守 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森岡隆三 引退 | トップページ | ベガルタ仙台が入替戦へ  3位を勝利で死守 »