« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年8月27日 - 2006年9月2日

2006年8月30日 (水)

清水エスパルス×京都パープルサンガ  日本平

体調が不確かなまま、喉飴舐めつつ、ポカリの2リットルを携帯して、スタジアム入り。
本当は2階ゴール裏へ行って、タスキを担ぎたいのだが
もし行ったら、たぶんアドレナリン全開で応援してしまい、
完全にダウンしてしまう。
だから自制として、チケットランクアップ制度で200円アップさせて
一階ゴール裏で観戦。
一階ゴール裏には試合後にいつも選手を見送りに行ってるけど
実際試合をこの場所から観戦するのは初めて。
どうせだから、ゴールの真後ろ最前列に座った。

 
 
 
 
一階ゴール裏にはパルちゃんがやってきてファンサービス。
これは一階ゴール裏ならでは。
 
 
 
 
ちょうどチョジェジンの弾幕の背後に俺はいた。
韓国旗。
まあ日韓関係いろいろ言われてるけど、チョジェジンは兵役もこなした人なんだけど、
難しいこと抜きで頼みますわ。
後ろの席にいたちびっ子が、チョジェジンをとても応援していて
「キムチ、キムチ」としょっちゅう言っていたのが印象的。
それはありなのか、なしなのか。
美味しいキムチならありだろう。

 
 
 
 
一階ゴール裏から二階を見上げると、
フラッグがずらりと並んでますな。
一階ゴール裏にいると、不思議なことに二階の応援が全然聞こえない。
向こう岸の京都応援の方がよく聞こえるぐらい。
音が抜けちゃってるんだね。
今日はエスパルスの応援ソングが全然聞こえない日であった。
一階ゴール裏だといつもそうなのだろう。
一階はプロ野球観戦的な野次ばかりだものね。
オレンジウェーブを間近で見られるのも一階のいいところ。
割とみんな肌にあざがあったりするのね。
遠めに見るとわからないけど。
目の前でぷりぷりされると、ちょっと恥ずかしくなる。
選手と同じ高さなので、選手の表情等しっかり見られるのが利点。
あとは遠近感がないので、一階ゴール裏の客は無茶いいすぎ。
まだハーフラインなのに、シュート打てだし、
ペナルティエリア外からのシュートなんて当たり前の野次調。
いやいや、一階ゴール裏からでは近く見えるけど、
ペナルティエリアの外からのシュートだと、京都のGKだってとめまっせ。
 
 
試合はやはり難しかった。
チョジェジンのゴールにより、なんとか1-0で勝利。
数々のシュートが飛び交ったが、シュートの迫力は一階ゴール裏ならではだね。
特に俺がゴールネットの真後ろにいたから。
そういえば、試合前アップのときの、シュート練習。
びゅんびゅんと一階ゴール裏に枠を外れたシュートボールが飛んできて
客達は大賑わい。
猛スピードのボールが飛んでくるリアリティはいいね。
実際ぶち当たって苦痛を背負う客がいるわけだし。
あと今日の主審はワールドカップ3位決定戦で笛を吹いた上川氏。
途中から出た浩太がカードをもらったりしちゃったけど
あの浩太の必死さは、一階ゴール裏でなきゃ伝わらない。
ようは実際的に利益を生み出してないんだけど、
あのコーナーでの踏ん張りだったり、ああこいつ必死だなってのが
同じ高さ、間近さならではで、伝わってくるんだよね。
傾斜のあるところから見下ろしていたんじゃ、浩太の情熱は伝わらないままだろう。
逆に試合の全般について、一階ゴール裏には伝わらないんだけどね(苦笑)
 
 
体調はまずまず落ち着いていて良かった。
無理しなかったもの。
ポカリも試合中に2リットル飲み干したし。
観客数が1万人を割ってしまったのはちょっと残念。
今年のホームゲームで初だね。
ぱっと見埋まってるんだけど、一人で二席ペースなのよね……
一階ゴール裏もかなりゆとりあったし。
アウェイゴール裏がらがらだし。
すでに夏休みが終わっている学生多しで、平日開催で、アウェイ京都遠し、と困難な状況が重なったかな。
FC東京戦で配られたという団扇を持ってきている人が多く、うらやましかった。
俺は風邪が一番ひどい時期で、ベッドでSBSの生放送聞いてたよ。
そして9月の日本平開催ゼロ。
極端。
9月は千葉、新宿、浦和と関東3連発。
関東アウェイだと、関東リーダーのしきりになるし
うまくタスキを担げなかったり、
担げたとしても、日本平とはムード違っちゃってちょっと不良消化になりぎみなもの。
モチベーションを高く保ちたいのと、
少しでも空気の濃いエリアに近づけたらという秘かな願い。
まあそれでも適当なところで妥協はあるもの。
タスキ無理っぽいなら、TSJの裏手あたりでもいいわけだし。
そうでもなければ、また別の場所を探すし。
非社交的&応援チーム非加入ならば、己の道を己で切り開くのみよ(考えなし)
オレンジウェーブでも大きな声で応援ソングを歌ってる人もいるのだなと気づいたり、
まあそんなこんなで一階ゴール裏でしたよ。
 
 
 
順位は4位のままだけど、
ちょっとやそっと勝ったぐらいじゃ変動しない上位順位にいること自体が
素晴らしい。
みんな浦和敗戦の速報を喜んでいるっぽいけど、
俺は浦和に強くあってほしいし、ガンバより浦和かな。
もちろんその浦和をエスパルスが倒すわけだが。
あとはセレッソが勝ったそうで良かった。
西成の練習場に一度行ってから、どうもセレッソが憎めないんだよなあ。
モリシとかピンゴとかすげえ感じよかったし。
なによりあの西成の町が独特でしょう。
じゃりん子チエの世界というか、岸和田少年愚連隊的な下町ムード。
マジでコテツみたいなおっちゃんが歩いてるもの。
貧しそうな路地裏長屋とか。
西成っていう街にセレッソがあること自体おもしろい。
 
 
西京極のアウェイ京都戦と同様、今日は伊東テルの前のデザインユニで応援したよ。
これでしっかりあだ討ちできたって感じ。

| | コメント (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »