« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »

2005年2月27日 - 2005年3月5日

2005年3月 5日 (土)

清水エスパルス×サンフレッチェ広島  日本平

代表戦も観たし、じゃあ次はJリーグでも観ようかと。
そういや俺の住む沼津の近くには清水エスパルスというチームがあるじゃあないかと。
清水なんて行ったことなかったから、初清水やね。
静岡なら行くんだけどさ。
清水はいつも通過だったから。
    
今日は往復1700円の沼津発シャトルバスで日本平スタジアムへ。
小型のバスで座席も狭く、隣の女子高生と席を遠慮し合って座り少々きまづい。一時間半かけて到着。
清水駅を通過してからスタジアムまでの通りは、MOVIXとか色々娯楽施設が続くんだけど、みんなエスパルスカラー一色で圧倒された。こういう異色のムードって都会のチームだとあんまりないよね。せいぜい商店街規模。
  
スタジアムのある公園内に入ると、このバスはなんのバスだと運転手が警備員から質問されていて、東部シャトルバスの肩身の狭さを知った。
   
   
日本平スタジアム内に入る。
2Fゴール裏は異様な盛り上がり。
代表戦のまったりした状況とは違い、激しくやってる。
通路に面した列に、酔っ払いの爺さんが子供をたくさん連れていて、その隅が空いていたので、座っていいか聞くも無視される。
他に空いてる場所もなさそうなので、そこにいることに。
若い男がやってきて、新しい歌を作ったので、と名刺大の歌詞カードを配っていた。
俺がくれと手を出しても、相手がノーリアクションだったので、くださいと言うとくれた。
それに続いて多くの人らがもらっていった。
俺が完全な私服だから浮いていたのも事実。
周りはオレンジ一色。
その歌は、おお清水 ともに行こう いつまでも 俺たちがついている エスパ(ルス)
というものだった。
  
  
サッカー専用のスタジアムだから客席と近いし、席数も少ないし、
横浜と比べると十分の一ぐらいの広さに思えた。
とても観戦し易い。

横国のときはサッカー見物といった感じで、野球の試合観戦と同じような、なんか遠くでやってるなあって雰囲気だったんだけど、日本平は違った。
陸上競技場ではなく、サッカー専用のスタジアムなので、まさに目の前でプレーが行われている。
ああ、Jリーグは近くていいなあ、全体も見張らせるし、とJリーグの良さを感じた。
  
     
試合は途中出場の澤登がゴールを上げて盛り上がる。
日韓ワールドカップ以降、ちょぼちょぼとサッカー中継を観るようになった。地元ローカルでやっている清水エスパルスの中継を見て、まだ澤登ってやってるんだと驚いた。
サッカー観ない俺でもなんとなくカズやラモスや澤登といったスター選手達は知っていた。
Jリーグが開幕したときはどの選手もタレントでトップスターだったからね。
ああ、澤登がまだやっていて、ゴールも決めてるんだなあと。
澤登の全盛時代も知らない俺が、懐かしむのも変な話。
  
  
なお隣の子供らをたくさん連れた酔っ払った爺さんは、やたら市川をやじっていて、「市川、トルシエ見てんぞ~」という科白を90分間に渡って延々と繰り返していた。
そして財津が途中出場すると、「あいつは高校生だ」という科白をまた延々と繰り返した。
  
  
試合はドロー。
  
  
帰りのマイクロバスでは、コートを上の棚においたものの、寒くなって途中でコートを羽織直すと、相席してる女の子にくすくす笑われてもうた。

| | コメント (0)

« 2005年1月23日 - 2005年1月29日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »